債務整理の相談なら弁護士へ【失敗しないための弁護士選びのコツ】

債務整理の相談なら弁護士へ【失敗しないための弁護士選びのコツ】

債務整理の相談なら弁護士へ【失敗しないための弁護士選びのコツ】

債務整理は、債務の返済が困難または不能となった場合に行う法的な救済措置です。その種類はいくつかあり、おおまかに弁護士や司法書士に依頼して行う任意整理と、裁判所に申し立てて行う個人再生と自己破産があります。
任意整理のメリットは、裁判所を通さないので官報に載らず法的なペナルティを受けることがありません。自己破産は一切の債務が免除されますが、一定の財産は没収されます。そのため、住宅も失うことになります。また個人再生は自己破産と任意整理の間に位置するもので、裁判所に再生計画案を提出し認められれば、大幅に債務が削減され、その計画に沿って返済を行うことになります。個人再生のメリットは、住宅ローンの特則を使うことができ、住宅ローンを別扱いにすることができ住宅を失わずに済むメリットがあります。なお、裁判所を通して行う場合には官報に住所と氏名に破産者または個人再生者として掲載されることになります。
債務整理のうち任意整理は司法書士または弁護士に依頼しなければなりませんが、裁判所に申し立てるものは個人でも行うことができます。しかし、まったく財産もなく返済も不可能な状態での自己破産を除けば、債務整理では相手と交渉する必要があります。また書類する提出によっては、債務整理を有利にすることができるので、専門家である弁護士に依頼して行うのが一般的です。特に弁護士には代理権があるため債務整理一切の手続きを任せることができるメリットがあります。