債務整理の条件と注意点~債務整理で借金の悩みを解決しよう~

債務整理の条件と注意点~債務整理で借金の悩みを解決しよう~

債務整理の条件と注意点~債務整理で借金の悩みを解決しよう~

債務整理は、債務の返済が困難または不可能になったさいに行われるものですが、いくつかの種類があります。債務整理の中で一般的なものとしては、任意整理、個人再生、自己破産の3つであり、このうち任意整理は、裁判所を通さずに弁護士や司法書士に仲介を依頼して行うもので、個人再生と自己破産は裁判所に申し立てて行うものです。
任意整理は裁判所を通さないので法的なペナルティがなく、また債務に対して個別に交渉が出来るメリットがありますが、削減できる債務が、将来発生する利息分とその効果が低いとされます。また弁護士や司法書士に仲介を依頼するので費用も必要です。
一方で個人再生は、裁判所に申し立て、個人再生案を提出して認められればある程度の財産を残しつつ大幅な債務の削減が期待できますし、自己破産は一定の財産のすべてを失いますがすべての債務が免除されます。こちらは個人でも申し立てることが可能ですが、費用は掛かるものの弁護士や司法書士に依頼する方が確実です。
どちらにしても債務整理を行うということには変わりありませんが、債務整理を行うにはいくつかの条件があります。
任意整理や個人再生であれば、あくまでも債務の削減であり、債務が残ります。つまり債務の返済が可能な収入があることが最低条件になります。また個人再生の場合には借金の総額が5000万円未満というのが条件です。また債権者の同意が必要なため、場合によっては債務整理がまとまらない場合もあります。
これらの返済に関する条件を満たせず、同意も得られない場合には、自己破産という選択肢のみになります。