債務整理のデメリットについて|知っておきたい債務整理の仕組み

債務整理のデメリットについて|知っておきたい債務整理の仕組み

債務整理のデメリットについて|知っておきたい債務整理の仕組み

債務整理を利用した場合、個人信用情報機関のブラックリストに最長で10年間登録されるデメリットがあります。この記録が残っていると、クレジットカードや各種ローンを利用しようとしても、審査にほとんど通らなくなります。
債務整理のうち、自己破産以外のものでは債務が残り、これについては返済しなければならないこともデメリットになります。返済能力がなければ利用することができず、また、利用できた場合でも返済の遅延を起こしてしまうとブラックリストから削除される期間が遅延を解決した時点から数え直しになってしまいます。
自己破産であれば債務を全てなくすことができますが、免責不許可事由に該当する行為を行っていた場合、免責されずに債務が残ってしまうこともあります。利用するには財産の処分をする必要があり、99万円以下の現金と時価20万円以下の資産しか残せないデメリットもあり、返済能力が残っているのに利用すると損になります。
また、債務整理では連帯保証人に迷惑をかけてしまうことも大きなデメリットです。特定調停や任意整理は債務を選べるため、保証人のいる債務を外すこともできます。しかし、外すと返済が困難な状況を解決できないこともあります。個人再生や自己破産は全ての債務が対象になるため、保証人のいる債務を外すことはできません。保証人は免責された債務に対して、債権者が認めない限り一括で返済を行わなければなりません。保証人も債務整理することで返済の義務はなくなりますが、ブラックリストに登録されてしまうので今後の生活に悪影響を与えます。